総括

ソフトボイルド、と変なペンネーム(自虐)の新米医師がお送りしてきた「アイハと関節痛」いかがだったでしょうか。

こうして、自分の考えを改めてアウトプットしてみると、不思議なもので、改めて考えてしまうことがいくつかありました。
インプットとアウトプットは表裏一体だよなあ……、というのは余談の極みでしょうか。

さて、僕はこれから、特別なことがない限り、このまま、医師として人生を歩んでいくでしょう。 そうした未来を遠くに見ながら思うことは、やはり、アイハについてまだまだもっと知りたい、ということです。

ここまで、このサイトを見てくれた皆さんには、すでに僕のアイハに対する情熱が伝わったことだと思いますが、それくらい、僕はアイハに可能性を見いだしています。

まだまだヒヨっ子の文字通りソフトボイルドな僕なので、この直感が正しいのかそうでないのかは、これからの僕の人生で証明していくつもりです。 ア

イハに関する情報は、まだまだ新しいアイハという成分が認知度を高めるにつれ、どんどん僕らのもとへやってくるでしょう。

関節痛で悩む方々の表情を、アイハがぱっと明るくする。 そんな未来を夢見ながら、では、長々とありがとうございました。