アイハ考察〜その2〜

ヒアルロン酸が減少するとどうなる?

アイハを語るには避けて通れないヒアルロン酸ですが、では、ヒアルロン酸が減少することによって想定されるのは、どんなことでしょう。

・関節に痛みを覚える
・目が疲れやすくなる
・傷がなかなか治らない
・肌の調子が悪くなる
・生理痛がひどくなる
・動脈硬化になる
上記が、その代表例で、つまり、裏を返せば、体内のヒアルロン酸量をアイハで増やしてやることで、これらを予防、あるいは改善する効果が期待されている、というわけです。

アイハがヒアルロン酸を増やすメカニズム

アイハがヒアルロン酸を内部から産み出す、と記しましたが、正確には、体内でヒアルロン酸を産生している、「繊維芽細胞」と「軟骨細胞」という2つの細胞の働きを活性化する働きを有しています。これにより、ヒアルロン酸注入に代表されるような、外部からの一辺倒なアプローチとはまったく異なる、新しい可能性が示唆され始めたのです。

☆ソフトボイルドの独り言☆

ヒアルロン酸って、たった1gで6ℓも水を蓄えられるようです。6ℓですよ、6ℓ。私たちの身体が、いかに水分でできているかがわかります。